不動産投資ランキングの種類と特徴

利益をあげるために不動産施設に投資することを不動産投資といい、家賃収入や売却益などで利益を得る方法です。株式などの金融商品と違い安定した収入が得られることからサラリーマンや公務員も注目している始めやすい投資です。不動産といってもワンルームマンションからオフィスビルまで大小さまざまあり、どう選ぶべきか迷うものです。個人投資家におすすめの不動産投資をランキング形式でご紹介するなら、1位は区分ワンルームマンションです。少額から始められるため不動産投資が初めてでも始めやすく、都心では単身の物件は借り手を探しやすいことからもおすすめです。ただし、借り手がいない場合は収入がゼロとなり、毎月の管理費用などでマイナスになってしまうこともあるといったリスクは知っておきたいところです。

不動産投資、ランキングからおすすめの方法

不動産投資ランキングおすすめ2位は、アパート経営です。個人の投資家で土地をお持ちであれば最もおすすめの投資法です。アパート建築の際は大手のハウスメーカー同士の比較見積もりをとったりして、比較的容易に発注できます。竣工後一括借り上げしてくれるハウスメーカーもあり、管理もおまかせできるので安心です。空室保証があっても、入居者がいなければ家賃を下げざるを得なく、長い目での収益は厳しいものがあります。空室をつくらないようにするには、アパート管理をしっかりすることです。管理会社に委託するのがおすすめですが、オーナー自ら管理業務を行おうとして失敗する方も多いです。アパート修繕や維持管理に費用が発生するものと予定しておき、入居者が快適に暮らせるようなアパート経営を心掛けましょう。

ランキングから自分に合った不動産投資法を見つける

不動産投資ランキングおすすめ3位は定期借地事業です。不動産投資の場合、リスクとなりやすい要因はほとんどの場合建物にあり、維持管理していくのにかかるコストを考えると収益を上げにくい場合もあります。定期借地事業であれば建物への投資は伴わず、安定した地代収入を得られます。ただし、土地の条件が良いことが必要で、新たに土地を購入するのはなかなか厳しいものがあります。地主さんなど、先祖より土地を持っている方に人気の投資法です。そのほか、初期投資低めの駐車場やファミリー向けの区分マンション、戸建て住宅など、もともと持っているものを賃貸して家賃収入を得る方法もあります。さまざまな投資法があるので、まずはどういったものが最適か見極めましょう。土地や不動産を持っていなくても投資できる方法もあるので多くのプランを比較検討し勉強してみましょう。